JAGMO -JApan Game Music Orchestra

JAGMOに
ついて

About

JApan Game Music Orchestra、略してJAGMO。「ゲーム音楽を音楽史に残る文化にする」というビジョンのもと、オーケストラ公演を実施する、日本初のゲーム音楽プロ交響楽団です。

プロデューサー泉志谷忠和によって立ち上げられました。現在は、音楽監督深澤恵梨香との連携により、公演製作を行っています。

JAGMOは、前身である日本BGMフィルハーモニー管弦楽団倒産の危機に、プロデューサーである泉志谷忠和率いる公演製作チームの総称としてスタートしました。2014年に3月8日に開催されたJAGMOプロデュース公演「THE LEGEND OF RPG - でんせつのめいきょくおんがくかい - 」の成功から、遠藤雅伸名誉会長からJAGMO主体での活動継続案を受け、JAGMOが立ち上がりました。

2014年のJAGMO公演写真

2014年6月1日 初のJAGMO公演として、室内楽公演 THE LEGEND OF RPG COLLECTION第1章「伝説の魔法とメロディー」を開催。以降、2014年8月2日第2章「伝説の盾とハーモニー」、2014年10月4日第3章「伝説の剣とリズム」と、音楽の3大要素をモチーフとした公演を連続開催。2014年12月27日には、チェンバーオーケストラ形式をとり、外伝「伝説のチェンバーオーケストラ」を開催いたしました。

2014年のJAGMO公演写真
2014年のJAGMO公演写真

海外コンクール受賞多数のヴァイオリニストの尾池亜美さん、世界で活躍するジャズピアニストの桑原あいさん、世界一のコンクールを制したサックスプレイヤーの松下洋さんなど、1980年代〜1990年代生まれのトップクラス奏者を招き、“至高のゲーム音楽生演奏とは”という問いに真っ向から挑み続けた室内楽公演群です。

「伝説のチェンバーオーケストラ」では、2015年以降のフルオーケストラ公演の指揮者を務める、クラリネッティストでもある吉田誠さんがソリストとして参加。現在の音楽監督である深澤恵梨香さん、編曲家の松﨑国生さんも、本公演から参画をしています。

2014年のJAGMO公演写真
2014年のJAGMO公演写真

2015年2月には、JAGMO初となるフルオーケストラ公演「伝説の交響楽団」(五反田ゆうぽうとホール 2015年2月7日・8日)を実現致しました。2014年6月より続いた「THE LEGEND OF RPG COLLECTION」シリーズのラスト公演となり、過去最高動員となる5,000名超を記録。ソリストには世界最高峰のヴァイオリニスト三浦文彰さんを招き、指揮者吉田誠さんといった、以降のJAGMOの基盤となるメンバーでコンサートは終演を迎えました。

司会には紺野あさ美さん(テレビ東京アナウンサー)、トークゲストにはポケットモンスターの作曲家である増田順一さん、景山将太さん、ディレクターである大森滋さんをお招きし、過去最高の盛り上がりを見せました。

2015年2月のJAGMO公演写真
2015年2月のJAGMO公演写真

同年7月には、RPGの中でも戦闘曲に特化したプログラム構成の「伝説の戦闘組曲」(文京シビックホール 大ホール 2015年7月11日・12日)を開催。前回に引き続き、ソリスト三浦文彰さん、指揮者吉田誠さんを迎えたメンバー構成です。戦闘曲特有の超絶技巧的なパッセージから、技巧的な要素と連携させ、『ゲーム音楽のオーケストレーションとは』という問いに、挑戦した公演でもありました。

同時に、JAGMO初となるオリジナルシンフォニー曲「レベルアップ交響曲」(作編曲:Dr.Herrmann)を作曲。レベルアップという”ゲームにおける普遍的な要素”を用いて、公演ウェブページ上で、レベルアップのオノマトペを募集。採用した3つのオノマトペ(『テレレレッテッテッテー↑↑』『ぽなぽなぽなぽな、ぽみょろり~ん』『デデデデーン』)から交響曲を作曲。JAGMO独自の取り組みとして好評を博しました。

2015年7月のJAGMO公演写真
2015年7月のJAGMO公演写真

同時期、外務省後援を得た初の海外公演「巴里弦楽四重奏団」(フランス・パリノール ヴィルパント展示会会場 2015年7月3日・4日)にも成功。「日本のゲーム音楽を世界へ」をテーマとする 海外公演プロジェクト“JAGMO WORLD PROJECT”を始動しました。コスプレを身にまとった演出で、約5,000名を動員。日本、フランス双方の文化を知る日本人演奏家のメンバーが、フランスに集まるゲームファンと交流し、渾身の演奏をお届けしました。

2015年7月のJAGMO公演写真
2015年7月のJAGMO公演写真

10月には、音楽祭をコンセプトとする公演「伝説の音楽祭 - 勇者たちの響宴 - 」(新宿文化センター大ホール 2015年10月24日・25日)を開催。古今東西、多種多様な楽曲をプログラムに加え、『ゲーム音楽の持つ色彩の鮮やかさ』をオーケストラ公演でいかに表現出来るか、という目標を持ち公演製作を実施。指揮者吉田誠さんに加えて、本公演より編曲家として参画していた深澤恵梨香さんが音楽監督に就任し、コンサート全体の音楽性の向上に取り組むこととなりました。

指揮者であり、同時にクラリネッティストとして世界で活躍されている吉田誠さんにより、各公演1曲限定で、指揮をしながらもソリストとして演奏するという”吹き振り”を披露。JAGMOだけの編曲・演奏スタイルを確立し、「ブラボー」の嵐となる、かつてない盛り上がりをみせる公演となりました。

2015年10月のJAGMO公演写真
2015年10月のJAGMO公演写真

2016年3月には、 狂詩曲 ラプソディー をコンセプトとして取り上げた「伝説の狂詩曲 - THE LEGENDARY RHAPSODY - 」(昭和女子大学 人見記念講堂 2016年3月5日・6日)を開催。前回公演までに築いたJAGMOの基盤を変容し、更なるオリジナリティを築くべく、狂詩曲の持つ特性である「自由奔放さ」をビジョンとして定め、“序破急”の“破”にあたる公演とすべく、製作を進めました。公演紋章も、過去の公演群で使用されていたものをあえて禍々しくリデザインし、「未知なる感動」を目指しています。

単なるメドレーとしてではなく、リデザインされた紋章の様、2つ以上の楽曲を混ぜ合わせる新たなアレンジアイデアを実践し、過去どの公演でも感じることの出来なかった演奏の衝撃を実現。史上最高の動員数を記録し、ゲーム音楽交響楽団JAGMOとして大きな一歩を踏み出すことが出来た公演となりました。

2016年3月のJAGMO公演写真
2016年3月のJAGMO公演写真

5月、JAGMO初となる1つのゲームタイトルでの公演、「幻想郷の交響楽団」(東京オペラシティ タケミツメモリアルホール 2016年5月3日)を開催。孤高の同人ゲーム「東方Project」製作者であるZUNさんと、プロデューサー泉志谷忠和との数奇なご縁から企画がスタート。JAGMO初となる、1タイトルのみでの演奏会となりました。嘗て類を見ない企画であったことから大きな話題となり、音楽性を評価する声が多数見受けられ、チケットは過去最速で完売。また、JAGMO初の会場限定CD『幻想郷の超絶弦楽四重奏団』販売・「テイクアウトライブ」による映像配信を行う記念すべき公演となりました。

今までJAGMOが演奏してきたゲーム音楽の中で最も人間業を離れた高速パッセージ、音域を持つ東方Projecetの楽曲に、今まで培ってきたJAGMOの『ゲーム音楽のオーケストレーションとは』の答えを示すような公演製作に挑戦。編曲家深澤恵梨香さん、松﨑国生さんによるアレンジ、本公演より本参加となった指揮者永峰大輔さん、オーケストラの演奏が東方Projectファンの皆様の心に響き、終演後も歓声が鳴り止まない、史上最高のコンサートとなりました。

2016年5月のJAGMO公演写真
2016年5月のJAGMO公演写真

応援してくださる皆様へ

日本初のゲーム音楽プロ交響楽団として誕生したJAGMOは、これまでたくさんの公演をおこない、一歩ずつ成長してきました。
そのすべては、会場に足を運び、応援してくださる皆様のおかげです。

「ゲーム音楽を音楽史に残る文化にする」という目的を達成するために。
これからも進化し続けていくJAGMOに、
どうぞご期待ください。

代表メンバーMember

  • 遠藤 雅伸

    遠藤 雅伸

    名誉会長
    東京工芸大学芸術学部教授 /日本デジタルゲーム学会副会長 /宮城大学客員教授
  • 古代 祐三

    古代 祐三

    名誉会長
    株式会社エインシャント代表
    PCゲーム黎明期より作曲を始め、様々なタイトルを手がける。代表作は「世界樹の迷宮」、「セブンスドラゴン」、「湾岸ミッドナイト」など。
  • 泉志谷 忠和

    泉志谷 忠和

    JAGMO CEO & Founder
    幼少期より音楽家である両親より音楽教育を受け、中学卒業後、米国に遊学し、エンターテイメントビジネスを学ぶ。帰国後、慶應義塾大学総合政策学部入学、文化政策や文化事業について学ぶ。卒業後、音楽プロデューサーの元に弟子入り。独立後、JAGMOの前身である、日本BGMフィルハーモニー管弦楽団 倒産の危機を、公演プロデュース成功によって回避。その後、大手外資企業勤務を経て、株式会社JAGMOを設立、現職。以降JAGMOのプロデュースを手がけ、全公演を満員とし、海外公演も成功させている。

代表メッセージ

Message

「最高の生演奏を届ける“世界一の
 ゲーム音楽交響楽団”を目指して」

JAGMOは、ゲーム音楽を専門分野とするプロオーケストラとして発足しました。ゲーム音楽は日本発祥の音楽です。かつ、日本は、クラシック音楽と縁が深く、世界で活躍する音楽家が多く生まれている国でもあります。私は、物心ついた頃から、ゲームが一番の遊びで、学校の勉強以上に一生懸命取り組み、友人たちとコントローラーを握り、青春時代を過ごしていました。また同時に、両親が音楽の仕事にしていたこともあり、クラシック音楽が日常にあり、当たり前の様に音楽教育を受けていました。

知人のヴァイオリニストからの縁を機に、今、ゲーム交響楽団の経営・プロデュースをさせて頂いておりますが、ゲームは、人生の礎を築いているものですし、音楽は、最も身近な文化でした。自分の中の重要な2つが混ぜ合わされ、形になっている、それが私にとってのJAGMOです。

あの思い出の音楽を元に、音楽監督の方針のもと、編曲家が丹念を込めて楽譜を構築し、指揮者がタクトを振り、ひとりひとりの演奏家が命を吹き込み音にする。JAGMOは、徹底し、”生演奏”にこだわっています。「最高の生演奏を届ける”世界一のゲーム音楽交響楽団”」、それがJAGMOの目指すゴールです。日本には、素晴らしい演奏技術を持つ音楽家がいます。彼らと協働し、コンサートを成功させ、会場いっぱいに感動を生み出すことが、JAGMOの存在意義です。

ゲーム音楽を演奏させて頂くと、作曲家の皆様、そしてゲームの製作者の皆様に、言葉には出来ない感謝の気持ちが溢れてきます。コンサートを開催するごとに、ゲームを遊んだあの頃の感動、そして今演奏を聴いて浮かぶあの日の思い出、二重の琴線が震えることに、微量ながら、何かしらの恩返しが出来ればと、手探りではありますが、運営をさせて頂いております。

JAGMOは、より多くの皆様に、演奏を通じ、感動を届ける、その一心に活動をしているオーケストラです。ご来場頂く皆様に、最高の演奏をお届け出来ます様、日々全力で運営に取り組んで参ります。是非一度、JAGMOのコンサートに足をお運び下さいませ。

JAGMO CEO & Founder 泉志谷 忠和
  1. トップ
  2. JAGMOについて