JAGMO -JApan Game Music Orchestra

JAGMOに
ついて

About

JApan Game Music Orchestra、略してJAGMO。「ゲーム音楽を音楽史に残る文化にする」というビジョンのもと、オーケストラ公演を実施する、日本初のゲーム音楽プロ交響楽団です。

JAGMOは、前身である日本BGMフィルハーモニー管弦楽団倒産の危機に、当時のプロデューサー率いる公演制作チームとして始まりました。2014年に3月8日に開催された「THE LEGEND OF RPG - でんせつのめいきょくおんがくかい - 」の成功を受け、遠藤雅伸名誉会長からJAGMO主体での活動継続案を受け、現在のJAGMOが立ち上がりました。

2014年のJAGMO公演写真

2014年6月1日、初のJAGMO公演として、室内楽形式によるTHE LEGEND OF RPG COLLECTION第1章「伝説の魔法とメロディー」を開催。以降、2014年8月2日には第2章「伝説の盾とハーモニー」、2014年10月4日には第3章「伝説の剣とリズム」と、音楽の3大要素をモチーフとした公演を連続開催。2014年12月27日には、チェンバーオーケストラ形式により、外伝「伝説のチェンバーオーケストラ」を開催しました。

2014年のJAGMO公演写真
2014年のJAGMO公演写真

海外コンクール受賞多数のヴァイオリニストの尾池亜美さん、世界で活躍するジャズピアニストの桑原あいさん、世界コンクールを制したサックスプレイヤーの松下洋さんなど、1980年代~1990年代生まれのトップクラス奏者を招き、“至高のゲーム音楽生演奏とは”という問いに真っ向から挑み続けた室内楽公演群です。
「伝説のチェンバーオーケストラ」では、2015年以降のフルオーケストラ公演の指揮者を務めることとなる、クラリネット奏者でもある吉田誠さんがソリストとして参加。現在の音楽監督である深澤恵梨香さん、編曲家の松﨑国生さんも、本公演から編曲をしています。

2014年のJAGMO公演写真
2014年のJAGMO公演写真

2015年2月には、JAGMO初となるフルオーケストラ公演「伝説の交響楽団」(五反田ゆうぽうとホール 2015年2月7日・8日)を実現しました。2014年6月より続いた「THE LEGEND OF RPG COLLECTION」シリーズの最終公演となり、5,000名超の動員を記録。ソリストには世界最高峰のヴァイオリニスト・三浦文彰さんを招き、吉田誠さんをはじめ、以降のJAGMOの基盤となるメンバーが集まりました。
司会には紺野あさ美さん(テレビ東京アナウンサー)、トークゲストにはポケットモンスターシリーズの作曲を手がけた増田順一さん、景山将太さん、同シリーズディレクターの大森滋さんをお招きし、過去最高の盛り上がりを見せました。

2015年2月のJAGMO公演写真
2015年2月のJAGMO公演写真

同年7月には、RPGの中でも戦闘曲に特化したプログラム構成の「伝説の戦闘組曲」(文京シビックホール 大ホール 2015年7月11日・12日)を開催。前回に引き続き、ソリスト三浦文彰さん、指揮者吉田誠さんを迎えたメンバー構成でした。戦闘というRPGには欠かせない側面から『ゲーム音楽のオーケストレーションとは』という問いに挑戦した公演でもありました。同時に、JAGMO初となるオリジナルシンフォニー「レベルアップ交響曲」(作編曲:Dr.Herrmann)を作曲。レベルアップという”ゲームにおける普遍的な要素”を用いて、公演ウェブページ上で、ファンが考えるレベルアップ音を募集。採用した3つのオノマトペ(『テレレレッテッテッテー↑↑』『ぽなぽなぽなぽな、ぽみょろり~ん』『デデデデーン』)から交響曲を作曲。独自の取り組みとして好評を博しました。

2015年7月のJAGMO公演写真
2015年7月のJAGMO公演写真

同時期、外務省後援を得た初の海外公演「巴里弦楽四重奏団」(フランス・パリノール ヴィルパント展示会会場 2015年7月3日・4日)にも成功。「日本のゲーム音楽を世界へ」をテーマとする海外公演プロジェクト“JAGMO WORLD PROJECT”を始動しました。コスプレを身にまとった演出が好評を、約5,000名の観客が見守る光景はまさに圧巻。日本、フランス双方の文化を知る日本人演奏家のメンバーが、渾身の演奏をお届けし、フランスに集まるゲームファンと交流を行いました。

2015年7月のJAGMO公演写真
2015年7月のJAGMO公演写真

10月には、音楽祭をコンセプトとする公演「伝説の音楽祭 - 勇者たちの響宴 - 」(新宿文化センター大ホール 2015年10月24日・25日)を開催。古今東西、多種多様な楽曲をプログラムに加え、『ゲーム音楽の持つ色彩の鮮やかさ』をオーケストラ公演でいかに表現出来るか、という目標を持ち公演制作を実施。指揮者吉田誠さんに加えて、編曲家として参画していた深澤恵梨香さんが本公演より音楽監督に就任し、コンサート全体の音楽性の向上に取り組むこととなりました。
指揮者にして、クラリネッティストとして世界で活躍されている吉田誠さんが、各公演1曲限定で、指揮をしながらもソリストとして演奏するという”吹き振り”を披露。JAGMOだけの編曲・演奏スタイルを確立し、「ブラボー」の嵐となる、かつてない盛り上がりの公演となりました。

2015年10月のJAGMO公演写真
2015年10月のJAGMO公演写真

2016年3月には、 狂詩曲 ラプソディー をコンセプトとして取り上げた「伝説の狂詩曲 - THE LEGENDARY RHAPSODY - 」(昭和女子大学 人見記念講堂 2016年3月5日・6日)を開催。前回公演までに築いたJAGMOの基盤を変容し、更なるオリジナリティを築くべく、「自由奔放」な形式である狂詩曲を公演タイトルとして定め、制作を進めました。公演紋章も、過去公演群で使用されていた紋章をあえて禍々しくリデザインし、混沌の中の「未知なる感動」を目指しています。
単なるメドレーとしてではなく、2つ以上の楽曲を混ぜ合わせる新たなアレンジアイデアを実践し、過去どの公演でも感じることの出来なかった衝撃を生み出しました。史上最高の動員数を記録し、大きな一歩を踏み出すことが出来た公演となりました。

2016年3月のJAGMO公演写真
2016年3月のJAGMO公演写真

5月、JAGMO初となる単一ゲームタイトルでの公演「幻想郷の交響楽団」(東京オペラシティ タケミツメモリアル 2016年5月3日)を開催。孤高の同人ゲーム「東方Project」の制作者ZUNさんとの数奇なご縁から企画はスタート。嘗て類を見ない企画であったことから大きな話題となり、音楽性を評価する声が多数見受けられ、チケットは過去最速で完売。また、JAGMO初のCD『幻想郷の超絶弦楽四重奏団』販売や、「テイクアウトライブ」による映像配信を行うという、記念すべき公演となりました。
今までJAGMOが演奏してきたゲーム音楽の中で最も人間業を離れた高速パッセージ、音域を持つ東方Projecetの楽曲に対峙し、JAGMOが培ってきた経験を駆使し、『ゲーム音楽のオーケストレーションとは』という問いへの答えを示す公演制作に挑戦。編曲家深澤恵梨香さん・松﨑国生さんによるアレンジと、本公演より本参加となった永峰大輔さんが指揮するオーケストラの演奏が融合し、終演後も歓声が鳴り止まないコンサートとなりました。

2016年5月のJAGMO公演写真
2016年5月のJAGMO公演写真

「伝説の交響組曲 - THE LEGENDARY SYMPHONIC SUITE -」(サントリーホール 2016年8月13日・14日)は過去最多となる4公演を開催しました。設立以来一つの目標として掲げていた、日本最高峰の音響を誇る“サントリーホール”でのコンサートを実現。2年間の活動の集大成として、過去公演タイトルを中心としたプログラムによる、正統派ゲーム音楽オーケストラ・コンサートを実施。初の『マリオ』シリーズの楽曲を演奏させていただきました。
「世界最高のゲーム音楽演奏」という未来に向け、演奏技術を体系化し、アレンジを洗練させることでコンサートの質を高めることはJAGMOの存在意義でもありますが、その大きな階段を上った証として、割れんばかりの拍手がサントリーホールを包み込む、記念すべき公演となりました。

2016年8月のJAGMO公演写真
2016年8月のJAGMO公演写真

1日: 「幻想郷の交響楽団 - 弾幕輪舞曲 - 」(東京オペラシティ タケミツメモリアル 2016年10月1日)は、2016年5月に熱狂を持って迎えられた「幻想郷の交響楽団」を全曲リアレンジしての追加公演でした。「JAGMOが持つ生演奏へのこだわり」と「東方Projectが持つ世界観の魅力」を、極限まで相乗効果を高め、コンサートとして成立させることを問われた5月公演。その5月公演の本番を踏まえ、さらに完成度の高い公演を目指すことが、10月公演では求められました。満場の拍手が、JAGMOの挑戦への答えを示してくれました。

23日: NHK音楽祭「シンフォニック・ゲーマーズ〜僕らを駆り立てる冒険の調べ〜」(NHKホール 2016年10月23日公開収録 11月6日放送)にて演奏を任され、全国にゲーム音楽を届けることが叶いました。
ゼルダの伝説やポケットモンスターをはじめとする有名ゲームタイトルの音楽をNHKが放映する異例の番組としてYahoo!ニュースなどにも取り上げられました。オンエアにあたり、Twitterのトレンドワードを瞬く間に駆け上がり、爆発的な反響から、12月30日に再放送されるなど、ゲーム音楽の人気を裏付ける公演となりました。

2016年10月のJAGMO公演写真
2016年10月のJAGMO公演写真

初の和楽器コラボにして、過去最大の3日間5公演となる「英雄達の譚詩曲 〜聖なる交響楽団〜」(めぐろパーシモンホール 2016年12月23日・24日・25日)を開催。プログラムの多くが初演となるタイトルであり、「ワンダと巨像」「アトリエ」シリーズを始め、三味線・和太鼓・尺八が「大神」や「俺の屍を越えてゆけ2」の楽曲を彩り、ゲーム音楽の新たな表現に挑戦しました。
闘会議2016の出演に始まった怒涛の一年の締めくくりとして開催した本公演では、クリスマスをイメージしたハンドベルによるロビーコンサートやアンコールの「大神」のクリスマス特別アレンジを演奏し、好評を博しました。

2016年12月のJAGMO公演写真
2016年12月のJAGMO公演写真

そして、2017年。
JAGMOはこれまでにない新しいステージへ…

応援してくださる皆様へ

日本初のゲーム音楽プロ交響楽団として誕生したJAGMOは、幾星霜の公演を経て、一歩ずつ成長してきました。
そのすべては、会場に足を運び、応援してくださる皆様のおかげに他なりません。

「ゲーム音楽を音楽史に残る文化にする」という目的を達成するために、
これからも進化し続けていくJAGMOに、
どうぞご期待ください。

代表メンバーMember

  • 遠藤 雅伸

    遠藤 雅伸

    名誉会長
    東京工芸大学芸術学部教授 /日本デジタルゲーム学会副会長 /宮城大学客員教授
  • 古代 祐三

    古代 祐三

    名誉会長
    株式会社エインシャント代表
    PCゲーム黎明期より作曲を始め、様々なタイトルを手がける。代表作は「世界樹の迷宮」、「セブンスドラゴン」、「湾岸ミッドナイト」など。
  • 山本和哉

    山本和哉

    プロデューサー
    兵庫県出身。武蔵野音楽大学器楽学科打楽器専攻卒業。
    音楽とゲームに囲まれて育ち、幼少よりピアノ、エレクトーンを、10歳より作曲を、12歳より打楽器を始める。
    打楽器を中谷孝哉、勝俣良治、ピアノを山田彰一、指揮を北原幸男の各氏に師事。
    現在、ジャズキーボーディスト・打楽器奏者として活躍する他、作編曲家としても高校生の頃より吹奏楽団や管弦楽団に楽曲提供しており、アプリゲームや映像作品等への楽曲提供も多数手がける。
    『JAGMO』現プロデューサー。当楽団のスタートアップに貢献、2015年以降の国内外のすべての公演のメインディレクターを務める。
    手がけた主催公演の累計来場者数は35000人を超える。今年度は『闘会議2016』、フランス『JAPAN EXPO2016』、NHK音楽祭『シンフォニックゲーマーズ』等も手がける。
  • 深澤恵梨香

    編曲家・音楽監督
    1989年生まれ。東京都出身。
    日本作編曲家協会(JCAA)会員。 3歳からピアノを始める。作曲家を志し、作曲を川崎絵都夫氏、フランス和声を國越健司氏に師事。 東京音楽大学作曲指揮専攻(映画放送音楽コース)に入学。
    作曲を三枝成彰、千住明、服部克久、小六禮次郎、堀井勝美の各氏に師事。
    ゲーム音楽の提供、映画、CM、演劇の楽曲制作や、ビッグバンドへの楽曲提供、歌番組の編曲、ライブサポート、レコーディング等で活躍中。
    JAGMOでは編曲家、音楽監督を務める。”ストーリー”の見える編曲を意識している。自身もゲーマー。多彩なオーケストレーションが持ち味。譜面は全て演奏家に向けた「あて書き」であり、各々の演奏家の”声”の生きた楽曲の制作をモットーとしている。

代表メッセージ

Message

「最高の生演奏を届ける“世界一の
 ゲーム音楽交響楽団”を目指して」

いまや世界中のファンが、映像・音楽・キャラクターなど、日本で生まれたゲームの多様な世界観に熱狂しています。ビッグタイトルの発売日には大規模なカウントダウンが行われ、見知らぬ人であっても「ゲーム好き」同士、心を一つにして喜ぶ姿が見受けられます。日本では忘れられかけているようなタイトルの再評価運動を行っている人たちもいます。もはやゲーム文化は社会現象である、と言っても過言ではありません。

なかでも音楽は人々の記憶に深く結びついていて、旋律と共に「あのシーン・あの頃の思い出」が蘇ってきます。「ゲーム音楽の生演奏」を通じて、より多くの人々に感動を届けたい。 そのような気持ちから、日本初のゲーム音楽専門プロ交響楽団として発足したのが、私たちJAGMO(JApan Game Music Orchestra)です。

日本には、人生を音楽に捧げるプロとして活躍する、確かな演奏技術を持った若手奏者が数多くいます。しかし、オリンピックに例えると金メダル級のコンクールに入賞しても、テレビでフューチャーされる機会も少ないのが現状です。私たちは、ゲーム音楽を多くの人々に届けるというミッションにとどまらず、奏者として活躍される若く優秀な方々が、演奏技術を駆使し、表現できる場を提供していきたいと願っています。

JAGMOに関わるメンバーは、奏者も事務局員もゲーム黎明期に育ち、幼い時からゲームと共に成長してきました。なんとなく敷居が高く、足を運びにくいイメージを持たれがちなオーケストラですが、中にいる人々は純粋なゲーム好き・音楽好きです。より多くのファンの皆様に、気軽に生演奏を楽しんで、少しでも生の音楽を好きになって帰ってもらえたら。そして、一緒にゲーム音楽という文化を発信していけたら本望です。

ゲーム音楽は、日本が世界に誇る最高のクールジャパン。私たちは、そのような想いで活動をしています。これから日本各地、そして世界に向かって、ゲーム音楽が持つ世界観を、お届けできればと思っております。

どうぞ、これからもJAGMOを宜しくお願い申し上げます。

JAGMO一同
  1. トップ
  2. JAGMOについて